妊娠中・出産後の腰痛【case 1】

妊娠、出産を経験されたことのある方が多い腰痛

 

産後の腰痛

 

今回は

「なぜ出産後に腰痛」

 

になってしまうのかをお伝えしたいと思います

 

 

【case 1、妊娠中から腰痛があった】

妊娠中の腰痛

 

妊娠中は出産時に赤ちゃんが産道を通りやすいように

 

骨盤を広げるために女性ホルモンがたくさん分泌されます

 

分泌されることで筋肉や靱帯が緩み

 

通常はほとんど動くことのない骨盤が動きやすい状態になります

 

普段、動かないところが動いてしまうことで痛みを生じやすくなってしまいます

 

また、そんな身体の状態でお腹はどんどん大きくなり

 

大きくなったお腹でも真っすぐ立とうと

 

腰を反らしてバランスを取ります

 

妊娠中の反り腰

 

この腰を反らすことで、腰や背中に負担がかかり

 

腰に痛みが出やすい環境を作ってしまいます

 

このような理由から妊娠中から腰痛に悩んでいる方が多いです

 

そして妊娠中の腰痛は出産したからといって

 

出産後すぐに治ることはほとんどありません

 

 

 

次回は妊娠中の腰痛に効く自宅でできるストレッチ方法を紹介します

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

公式LINEで無料相談受付中

友だち登録がまだの方は

https://lin.ee/rGjqknC

 

Instagram

https://www.instagram.com/kaz.seitaifukuyama/

 

 

かず御幸整体院

〒720-0004

広島県福山市御幸町中津原1967-7 レジデンス御幸 601号室

084-999-8018

ホームページ

https://kaz-seitai.com/

 

妊娠中・出産後の腰痛【case 1】” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。